環境ビジネス・エネルギー・電力・省エネならエコウェブ

船井総研が運営!日本最大級の環境ビジネス・エネルギービジネスマッチングサイト!
会員数7,400人、登録企業カテゴリ6,300社、登録製品カテゴリ5,000件、アクセス数年間50万件

新規会員登録
環境ビジネスエコウェブとは




当サイトは、蠢グ譱躪膰Φ羹環境ビジネスコンサルティンググループが運営しています。
掲載内容の無断転載はお断り致します。
著作権はeco-webnet.com.にあります。
当サイトは、基本的に全て無料でご利用いただけます
(※有料はバナー広告のみ)
当サイトの掲載情報に関しての審査等は、一切行っておりません
当サイトでご覧になった企業様へのご連絡・お取引は自由に行っていただけます。
個人情報の保護
「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表事項
環境・エネルギービジネスコラム
●環境・エネルギービジネスの最新情報を詰め込んだコラムを掲載します。
 中小企業・地域工場の為の省エネ設備導入補助金


今月の2月早々に省エネ関連で注目の補助金が出ます。
資源エネルギー庁の「地域工場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金」です。その予算額は900億円超!補助金枠を知っている方かは良く認識していると思いますが、これは相当に大きい額です。この時期に出るというのはまさに政府の「補正予算」ですが、補正予算の方が本予算よりもはるかに大きな額になっています。

ただし、公募が出てから申請締め切りまでがかなり短い(期限が短い)ことは容易に想像出来ます。省エネビジネスに関連している企業にとって、この補助金については顧客に絶対に提案(情報提供)すべきものです。

と言うのも、補助金を有効活用して上手く営業活動に活かしている企業は伸びているからです。

同じ設備投資をする場合、当然ながら、顧客にとってみれば補助金があった方が決断が早いものです。補助金を使わなくても投資回収が3年で行ける場合と、補助金を使って初めて投資回収3年になる場合と、どちらが顧客にとって選びやすいかと言うと、補助金を使っての投資回収3年の場合です。冷静に考えると、補助金を使わなくても投資回収が3年で行ける場合の方が投資としては効果的と言えるはずですが、「補助金・・・」と聞くだけで投資意欲が沸いて、財布の紐が緩むので不思議なものです。

省エネビジネスを展開している企業にとって、しっかりと補助金を有効活用して営業できる体制を作っていかなければいけません。

 菊池 功

今回の担当コンサルタント

■菊池 功

名古屋大学工学部原子核工学科を卒業後、船井総合研究所に入社。
環境ビジネス・エネルギービジネス・産廃ビジネスに専門特化した経営コンサルティングのパイオニア的存在。漠然とした啓発的・啓蒙的な活動ではなく、実務的・実践的なビジネスコンサルティングを行っている。日本最大級の環境ビジネス情報サイトeco-webnet.comの統括責任を勤め、全国に3000社超の環境企業ネットワークを構築している。最新の環境ビジネスモデル提案、事業提携・技術提携・企業間タイアップ指導、異業種からの環境ビジネス新規事業開発・開拓に関して、多くの実績を残しており、累計のクライアント企業数は500社を超える。
モットーは、行動第一・行動主義・現場主義・改革革新・スピード主義・即断即決・チャレンジ精神

WEBサイト:http://www.eco-webnet.com/

ブログ:http://www.eco-webnet.com/kikuchi/

著書:「中小企業は環境ビジネスで儲けなさい!」「新規事業は環境ビジネスで仕掛けなさい!」

※環境ビジネス企業同士のビジネス交流会・勉強会「環境ビジネス経営研究会 メーカー分科会」を隔月開催中
環境ビジネス 
セミナーインフォメーション
株式会社船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループ
受付担当:福田
TEL:03-6212-2934

【メールでのお問合わせはこちら・・・】
 mail
セミナーインフォメーション