環境ビジネス・エネルギー・電力・省エネならエコウェブ

船井総研が運営!日本最大級の環境ビジネス・エネルギービジネスマッチングサイト!
会員数7,400人、登録企業カテゴリ6,300社、登録製品カテゴリ5,000件、アクセス数年間50万件

新規会員登録
環境ビジネスエコウェブとは




当サイトは、蠢グ譱躪膰Φ羹環境ビジネスコンサルティンググループが運営しています。
掲載内容の無断転載はお断り致します。
著作権はeco-webnet.com.にあります。
当サイトは、基本的に全て無料でご利用いただけます
(※有料はバナー広告のみ)
当サイトの掲載情報に関しての審査等は、一切行っておりません
当サイトでご覧になった企業様へのご連絡・お取引は自由に行っていただけます。
個人情報の保護
「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表事項
環境・エネルギー用語集
EV

EVとはElectric Vehicleの略称である。日本語では電気自動車という。

 近年、環境に配慮した製品の開発が推し進められている。EVはそのうちの一つであり、資源環境や環境問題を解決する車として開発が進んでいる。

 EVは電動モーターを用いて車を動かす。一般に普及しているガソリン自動車ではガソリンをエンジンで燃やし、車を稼働させるため、温室効果ガスの一因である二酸化炭素を排出する。その一方で、EVは電気で走る自動車なので、二酸化炭素は排出されないため環境に良い車となっている。

 EVはガソリン自動車と異なり、エンジンを必要としないため、エンジンルーム分のスペースも削減することができる。爆発音、燃焼音もないため、走行時の騒音もなくすことができる等、機能面でもメリットがある。

環境に良く、機能的にも良いEVは経済的にもメリットがある。のランニングコストはガソリン車よりも安く済み、電力が安価な夜間に充電をすることができる。また、減速時のエネルギーを収集して車の動力にできるため、エネルギー効率をガソリン車の3倍にすることができる。

コントローラーは制御装置と呼ばれ、アクセルペダルと連動している。EV内部に取り付けられている電池から電気エネルギーを供給し、その電気エネルギーを調整し、モーターの出力をコントロールする装置である。交流の電動機を搭載している場合には直流を交流に変換するインバーターが内蔵されている。

バッテリーにはリチウムイオン電池、ニッケル水素電池、鉛電池が使われている。この中では鉛蓄電池が最もエネルギー効率が悪く、リチウムイオン電池とニッケル水素電池の方が、エネルギー効率が良い。

モーターは電気を使用して車輪を回転させる装置であり、直流の電動機と交流の電動機があり、原動機付自転車等は直流電動機を用いることで低価格に抑えている。しかし、最近のEVは小型で軽量にするために交流の電動機が使用されている。

EV内の充電装置には、通常200V30Aの装置が用いられている。

EVの充電は自宅やガソリンスタンド、商業施設等で行うことができる。道の駅でも続々と普及されており、EV使用のための環境が整ってきている。

セミナーインフォメーション
株式会社船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループ
受付担当:福田
TEL:03-6212-2934

【メールでのお問合わせはこちら・・・】
 mail
セミナーインフォメーション