環境ビジネス・エネルギー・電力・省エネならエコウェブ

船井総研が運営!日本最大級の環境ビジネス・エネルギービジネスマッチングサイト!
会員数7,400人、登録企業カテゴリ6,300社、登録製品カテゴリ5,000件、アクセス数年間50万件

新規会員登録
環境ビジネスエコウェブとは




当サイトは、蠢グ譱躪膰Φ羹環境ビジネスコンサルティンググループが運営しています。
掲載内容の無断転載はお断り致します。
著作権はeco-webnet.com.にあります。
当サイトは、基本的に全て無料でご利用いただけます
(※有料はバナー広告のみ)
当サイトの掲載情報に関しての審査等は、一切行っておりません
当サイトでご覧になった企業様へのご連絡・お取引は自由に行っていただけます。
個人情報の保護
「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表事項
環境・エネルギー用語集
コージェネ

コージェネとは、コージェネレーションの略称である。
コージェネレーションとは、自家発電設備の一つであり、太陽光発電と並んで一般企業や家庭に導入しやすい設備である。コージェネレーション(Cogeneration)というのは
co- = 同時に
generation = 作り出す
の意味を持つ。コージェネレーションシステムでは、ガスを用いてタービンを回し、電力を生み出す。ここまでは従来の火力発電と同じであるが、コージェネレーションシステムではこの時に発生する熱(廃熱)を用いて冷暖房や給湯を行う。そのため、同じ量の燃料でも通常と比べて大きなエネルギーが生まれるので、とても大きな省エネ効果がある。また、この時排出された二酸化炭素をも有効利用する設備をトリジェネレーションと呼ぶ。

このように設備自体に大きな省エネ効果をもつコージェネレーションであるが、その他にも省エネのポイントとなる部分がある。それは、送電時の省エネである。

今までの火力発電のような発電方法では、大きな発電所で燃料が燃やされ、家庭に支給されるため、その経路中でエネルギーが減ってしまっていた。送電中の電力ロスは60%程にもなり、近年の高効率な設備であっても40~45%ほどになる。一方で、コージェネレーションシステムでは各家庭や各企業で発電が可能となり、この送電中の電力ロスを圧倒的に減らすことができる。火力発電と比べるとコージェネレーションシステムでは電力ロスを40%減らすことができる。つまり、約80%の電力を使うことができ、更に近年の高効率化によりエネルギー効率は90%にもなっている。このように高効率になると、使用燃料は減り、直接的に二酸化炭素排出量を減らすことができるようになる。

また、コージェネレーションシステムは各家庭、各企業に設置可能なため停電時にも利用することができる。初動操作のための少しばかりの電力は必要とするものの、小型発電機があればまかなえるので、ガスの供給さえできれば停電に悩まされることがなくなる。

コージェネレーションシステムは使用用途によりいくつかのタイプがある。熱を多く供給するタイプと電力を多く供給するタイプである。熱を多く供給するタイプは給湯と暖房に利用するケースが多いので、病院やホテル等の、人の生活空間が重視される場所で利用される。電力を多く供給するタイプは工場や店舗のような、人以外の大事な要素が多い場所で用いられる。

今までメリットばかりを挙げてきたコージェネレーションシステムであるが、もちろんデメリットもある。それは、初期投資が高いということである。やはりまだまだ一般的な普及がなされていないため、コストは高くなる傾向にある。また、文中にも出てきたように、ガスの供給が途絶えた時に何もできなくなってしまう。

コージェネレーションが普及するためにはまず初期投資が少なくなることが第一歩である。

セミナーインフォメーション
株式会社船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループ
受付担当:福田
TEL:03-6212-2934

【メールでのお問合わせはこちら・・・】
 mail
セミナーインフォメーション