環境ビジネス・エネルギー・電力・省エネならエコウェブ

船井総研が運営!日本最大級の環境ビジネス・エネルギービジネスマッチングサイト!
会員数7,400人、登録企業カテゴリ6,300社、登録製品カテゴリ5,000件、アクセス数年間50万件

新規会員登録
環境ビジネスエコウェブとは




当サイトは、蠢グ譱躪膰Φ羹環境ビジネスコンサルティンググループが運営しています。
掲載内容の無断転載はお断り致します。
著作権はeco-webnet.com.にあります。
当サイトは、基本的に全て無料でご利用いただけます
(※有料はバナー広告のみ)
当サイトの掲載情報に関しての審査等は、一切行っておりません
当サイトでご覧になった企業様へのご連絡・お取引は自由に行っていただけます。
個人情報の保護
「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表事項
環境・エネルギー用語集
バイオマス発電

バイオマス発電とは、再生可能エネルギーの一つである。バイオマス発電では、伐採木や家畜の糞尿、食品廃棄物、農業廃棄物等を利用する。上記の資源を燃やし、発する熱を利用してタービンを回し、電力を得ることができる。火力発電と仕組みは同じ、で用いられる石油や石炭、そして天然ガスの代わりにバイオマス資源を燃やすためにバイオマス発電と呼ばれる。

一方、バイオマス発電と区別して用いられる発電方法としてバイオガス発電がある。バイオガス発電では上記のバイオマス発電と資源はほとんど同じで家畜の糞尿、食品廃棄物、そして下水道・汚水等を用いるが、これらは燃やさずに使用する。これらの資源は発酵させることでメタンガス等を発するのでそれを捕集し、 燃やすことで熱を発生させ、タービンを回す。ガスを取り除いたバイオマス資源は植物を育てるための肥料として使用できる。

バイオマス発電では、燃やす中で実際には二酸化炭素を排出するものの、京都議定書での取り扱いは二酸化炭素を排出しないものとして取り扱っている。なぜなら、特に植物においては光合成をして二酸化炭素を吸収するため、その差し引きで二酸化炭素排出量を0と考えている。

バイオマス発電では循環型社会構築に大きく貢献している。太陽光発電や水力発電といった自然エネルギーも循環型社会に大きく貢献するものであるが、その中でもバイオマス発電は生物が出したごみをエネルギーに変えるという点で特に強い循環の意が込められている。

バイオマス発電が発達することで、農家等もエネルギーの自給自足ができるようになる。穀物を育て、穀物を消費する。その穀物の残りを使ってエネルギーを作り出すことで再び穀物を育てることができる。そのようなまさに循環型のエネルギーになる可能性があるのがバイオマス発電である。

今はまだトウモロコシ等を用いており、食料との競合問題が出ているが、もみ殻や雑誌等の今現在廃棄物として取り扱われているものを用いることができれば、再生可能エネルギーの有力な発電方法として扱われるようになるだろう。

セミナーインフォメーション
株式会社船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループ
受付担当:福田
TEL:03-6212-2934

【メールでのお問合わせはこちら・・・】
 mail
セミナーインフォメーション