環境ビジネス・エネルギー・電力・省エネならエコウェブ

船井総研が運営!日本最大級の環境ビジネス・エネルギービジネスマッチングサイト!
会員数7,400人、登録企業カテゴリ6,300社、登録製品カテゴリ5,000件、アクセス数年間50万件

新規会員登録
環境ビジネスエコウェブとは




当サイトは、蠢グ譱躪膰Φ羹環境ビジネスコンサルティンググループが運営しています。
掲載内容の無断転載はお断り致します。
著作権はeco-webnet.com.にあります。
当サイトは、基本的に全て無料でご利用いただけます
(※有料はバナー広告のみ)
当サイトの掲載情報に関しての審査等は、一切行っておりません
当サイトでご覧になった企業様へのご連絡・お取引は自由に行っていただけます。
個人情報の保護
「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表事項
環境・エネルギー用語集
再生可能エネルギー

再生可能エネルギーとは、石油や石炭などの化石燃料とは異なり、何度も使うことができるエネルギー資源のことである。その中には、太陽光、水力、風力、地熱、太陽熱、バイオマスなど様々な種類がある。これらのエネルギー資源には何度利用しても短期間で再生し、資源がなくなることがないという特徴がある。上記のような再生可能エネルギーは二酸化炭素の排出がなく、地球を汚さないクリーンなエネルギーとして注目されており、政府組織も導入・普及を促進している。

再生可能エネルギーには導入上での課題がある。それはエネルギーを安定的に集めることができない、設備設置にはまだまだコストがかかる、エネルギー収集量が少ない等の課題である。再生可能エネルギーは自然の力を利用するものが多く、その日の自然環境によりエネルギー収集量が左右される。今まで用いられてきた火力や原子力と比べ、安定的な供給をもたらすことができないということが再生可能エネルギーにとっての課題である。設備の設置に関して言えば、今はまだ導入時期にあり、一つ一つの設備が高いため、なかなか普及が進まない要因となっている。エネルギー収集量に関して言うと、火力や原子力に比べて圧倒的に少ない収集量となっている。

このような課題を克服するために、政府からは再生可能エネルギーに関するいろいろな支援が出されており、補助金等もその支援の一つである。

このような問題を抱えながらも再生可能エネルギーはどうして導入をもとめられているのだろうか。それは、既存のエネルギーにはいくつかの問題があるからである。

既存のエネルギーには火力エネルギーがあり、その原料には石油や石炭、天然ガスなどを使用している。しかし、これらの資源はほとんど海外からの輸入に依存しており、日本国内ではほとんど得ることができない。一方、世界的にみてもエネルギー消費量は増大傾向で、化石燃料の市場価格が著しく上下しすることもありエネルギーの市場は不安定になっている。さらに、化石燃料を使用すると二酸化炭素等が排出され、地球温暖化の原因となると考えられている。原子力エネルギーに関しても、その圧倒的な発電量やクリーンさの裏側には2011年福島原発事故のような大きな損害を出す可能性がある。

上記の問題を解決するために、再生可能エネルギーの導入が促されているのである。エネルギーミックスという言葉が生まれたり、スマートグリッドのような方法が考えられたりしたのもこのような背景があるからである。

セミナーインフォメーション
株式会社船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループ
受付担当:福田
TEL:03-6212-2934

【メールでのお問合わせはこちら・・・】
 mail
セミナーインフォメーション