環境ビジネス・エネルギー・電力・省エネならエコウェブ

船井総研が運営!日本最大級の環境ビジネス・エネルギービジネスマッチングサイト!
会員数7,400人、登録企業カテゴリ6,300社、登録製品カテゴリ5,000件、アクセス数年間50万件

新規会員登録
環境ビジネスエコウェブとは




当サイトは、蠢グ譱躪膰Φ羹環境ビジネスコンサルティンググループが運営しています。
掲載内容の無断転載はお断り致します。
著作権はeco-webnet.com.にあります。
当サイトは、基本的に全て無料でご利用いただけます
(※有料はバナー広告のみ)
当サイトの掲載情報に関しての審査等は、一切行っておりません
当サイトでご覧になった企業様へのご連絡・お取引は自由に行っていただけます。
個人情報の保護
「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表事項
環境・エネルギー用語集
分散型電源

分散型電源とは電力の需要が多い場所に配置される小規模な電源のことである。分散型電力の種類には太陽光発電や風力発電のような再生型エネルギーや、燃料電池、マイクロガスタービンなどがある。

分散型電力の特徴は一般の家庭やビルの中、もしくは電力使用地の近くで発電を行うこと、小規模な設備で発電を行うことである。

分散型電源のメリットとして、各家庭やビルの電気料金の削減が可能である、コージェネレーションシステムのように熱も有効に使える、災害などにより停電が発生しても非常用電源として使用可能である、電力を消費する場所にとても近いことにより送電による電力ロスがなくなる、各地域での電力安定が見込める等が挙げられる。

分散型電源のデメリットとして、補助金制度を考慮しても設備導入にお金がかかる、集中型電源に比べて発電効率が落ちる、分散型電力により発電された電力の質が不安定である可能性がある等が挙げられる。

まだメリットもデメリットも存在する分散型電源であるが、これからの環境への配慮の意識の高まりから、今後ニーズが増えてくると考えられている。日本政府が目指す循環型社会の構築の中で分散型電力は必要不可欠なものとなってくる。

セミナーインフォメーション
株式会社船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループ
受付担当:福田
TEL:03-6212-2934

【メールでのお問合わせはこちら・・・】
 mail
セミナーインフォメーション