環境ビジネス・エネルギー・電力・省エネならエコウェブ

船井総研が運営!日本最大級の環境ビジネス・エネルギービジネスマッチングサイト!
会員数7,400人、登録企業カテゴリ6,300社、登録製品カテゴリ5,000件、アクセス数年間50万件

新規会員登録
環境ビジネスエコウェブとは




当サイトは、蠢グ譱躪膰Φ羹環境ビジネスコンサルティンググループが運営しています。
掲載内容の無断転載はお断り致します。
著作権はeco-webnet.com.にあります。
当サイトは、基本的に全て無料でご利用いただけます
(※有料はバナー広告のみ)
当サイトの掲載情報に関しての審査等は、一切行っておりません
当サイトでご覧になった企業様へのご連絡・お取引は自由に行っていただけます。
個人情報の保護
「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表事項
環境・エネルギー用語集
冷却塔

冷却塔とは、クーリングタワーとも呼ばれる。冷却塔とはビルの空調やショッピングセンターの冷暖房設備である冷凍機内にある冷却水を冷却するために用いられている。つまり、冷気を作るための水を冷やす部分である。家庭用の空調とビルの空調では設備の規模が大幅に異なるため、冷却塔が必要となる。

冷却塔で使われる原理で最も大切なのは気化熱である。気化熱とは日常でも頻繁に出てくるもので、汗をかいたままにしておくと冷える、という原理と同じである。水は蒸発する際に周りの熱を奪うことで蒸発するためのエネルギーを得る。この、周りから熱を奪うという原理が気化熱というものであり、冷却塔の大事な原理となる。

冷却塔では使用した水を循環させるということも大切なことの一つである。もともとは工業用水として大量の地下水を使っていたが、地盤沈下が起きた。このときに、貴重な水を再利用するシステムはないかと考えたことから始まり、水冷凝縮器の冷却水を捨てずに何度も利用できるようにした。

冷却塔にもいくつかの種類があり、向流型のカウンターフロータイプと直交流式のクロスフロータイプがある。上記はそれぞれ、丸型、角形とも呼ばれる。カウンターフロータイプの冷却塔では水を上からおとし、下から風を通すので向流型と呼ばれる。クロスフロータイプの冷却塔では水を上から落とすのは変わらないが、横から風を通す。それなので直交流式と呼ばれる。

また、構造や冷却方法として開放式と密閉式の2種類がある。開放式では冷却水を外気と直接接触させるため、冷却効率は良いものの、水質の管理が難しい。密閉式では冷却水が大気には直接接触しないので冷却水の汚れによる問題がない。

現在、日本国内の水処理剤にはリン系の化合物が使われている。有機リン系の薬剤はレジオネラ菌等の栄養分となる。このレジオネラ菌を抑えるために塩素等も入っている。これらが飛散することもあり、冷却塔ではこれを改善していかなければならない。

セミナーインフォメーション
株式会社船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループ
受付担当:福田
TEL:03-6212-2934

【メールでのお問合わせはこちら・・・】
 mail
セミナーインフォメーション