« 2007年11月 | メイン | 2008年1月 »

2007年12月25日

VOL84.「感謝の心」

すべてのスタートは、“感謝の心”

  光(太陽)があり・・・、
  地球があり・・・、
  海があり・・・、
  水があり・・・、
  空気があり・・・、
  そして、自然界の微生物・植物・動物がいて・・・、
  やっと、人間が存在出来る。

人間単独では存在できない。


同様に、

  親がいて・・・、
  兄弟がいて、
  夫がいて・・・、
  妻がいて・・・、
  子供がいて・・・、
  友人がいて・・・、
  先輩がいて・・・、
  後輩がいて・・・、
  仲間がいて・・・、

  そして、やっと、自分が存在出来る、

  他がいて、自分がいる。
  自分1人では存在できない。

  逆に、自分がいて、他人もいる。

すべてはつながっている!
すべては結び付いている!

この“結びつき感”を感じなければ・・・・・
そして、この“つながり感”に感謝しなければ・・・・・


すべては、“感謝の心”からスタート・・・


でも、ビジネスや日常生活をしていると、
どうしても、

  他人に対して、ストレスやら、批判やら、叱責やら、嫉妬をしてしまう・・・
  そして、他人を蹴落とそうともしてしまう

あるいは、
  横柄になったり、
  自惚れたり、

あるいは、
  焦ったり、
  心に余裕がなくなったり、
  心を閉め切ったり・・・
  孤立したり・・・


でも、実は、みんなとつながっている!


すべては、“感謝の心”からスタート・・・

何でも良いから、
誰に対してでも良いから、
小さくても良いから、
心の中でつぶやくだけで良いから、

  「ありがたい!」
  「ありがとう!」


そういう思いをちょっとでも持てれば、

ちょっとは心に余裕が出て、優しくなれる
ちょっとは落ち着けて、自信が持てる
ちょっとは穏やかになり、幸せに感じられる

そして、周囲のことを考えよう!

自分の心に余裕がないのに、周囲のことは考えられない・・・
自分の心が穏やかでないのに、周囲を安心させることは出来ない・・・

すべては、“感謝の心”からスタート・・・


  「ありがたい!」
  「ありがとう!」

私自身・・・・・、

今日も、この言葉を胸に過ごしていきたい!

VOL84.「感謝の心」

すべてのスタートは、“感謝の心”

  光(太陽)があり・・・、
  地球があり・・・、
  海があり・・・、
  水があり・・・、
  空気があり・・・、
  そして、自然界の微生物・植物・動物がいて・・・、
  やっと、人間が存在出来る。

人間単独では存在できない。


同様に、

  親がいて・・・、
  兄弟がいて、
  夫がいて・・・、
  妻がいて・・・、
  子供がいて・・・、
  友人がいて・・・、
  先輩がいて・・・、
  後輩がいて・・・、
  仲間がいて・・・、

  そして、やっと、自分が存在出来る、

  他がいて、自分がいる。
  自分1人では存在できない。

  逆に、自分がいて、他人もいる。

すべてはつながっている!
すべては結び付いている!

この“結びつき感”を感じなければ・・・・・
そして、この“つながり感”に感謝しなければ・・・・・


すべては、“感謝の心”からスタート・・・


でも、ビジネスや日常生活をしていると、
どうしても、

  他人に対して、ストレスやら、批判やら、叱責やら、嫉妬をしてしまう・・・
  そして、他人を蹴落とそうともしてしまう

あるいは、
  横柄になったり、
  自惚れたり、

あるいは、
  焦ったり、
  心に余裕がなくなったり、
  心を閉め切ったり・・・
  孤立したり・・・


でも、実は、みんなとつながっている!


すべては、“感謝の心”からスタート・・・

何でも良いから、
誰に対してでも良いから、
小さくても良いから、
心の中でつぶやくだけで良いから、

  「ありがたい!」
  「ありがとう!」


そういう思いをちょっとでも持てれば、

ちょっとは心に余裕が出て、優しくなれる
ちょっとは落ち着けて、自信が持てる
ちょっとは穏やかになり、幸せに感じられる

そして、周囲のことを考えよう!

自分の心に余裕がないのに、周囲のことは考えられない・・・
自分の心が穏やかでないのに、周囲を安心させることは出来ない・・・

すべては、“感謝の心”からスタート・・・


  「ありがたい!」
  「ありがとう!」

私自身・・・・・、

今日も、この言葉を胸に過ごしていきたい!

2007年12月17日

VOL83.「ご馳走」

普段のビジネスの場では、どうしても外食が多くなってしまうが、
基本的に、私は質素な食事が好きだ。

  玄米ご飯
  味噌汁
  納豆
  じゃこ
  きんぴらゴボウ
  カボチャの煮付け
  ・・・・・・

今の季節なら、このようなメニューが私にとっての最大のご馳走。
味噌汁の代わりに、けんちん汁などあれば最高だ。

もちろん、野菜等は出来る限りの無農薬で、無添加食材がベスト。

このような質素な食事、
自宅の場合であれば、結構、徹底できている。
(外食していると、無理・・・)

玄米ご飯を嫌うヒトが多いようであるが、
私は、普通の白米よりも、美味しく感じる。
玄米ご飯の方が体には良いというよりも、
美味しいから食べたい!という感覚である。

  黒米や雑穀米も美味しい・・・
  味噌汁も美味しい・・・
  納豆も美味しい・・・
  きんぴらゴボウも、カボチャの煮付けも、美味しい・・・

このような食事を採れている時は、何かすごく“幸せ感”を感じられる。

したがって、禁欲して、無理して、質素な食事にしているというわけではない。

今の私は都会でのマンション住まいなので、
家庭菜園を出来るような環境にいる方々が羨ましい・・・。
自給自足的な生活にひどく憧れる。


  暖かな日の光を浴びて、土の香りを感じ、風の匂いを感じ、
  草や木たちが生きている鼓動さえも感じ、
  そして、暑さや寒さ、季節の移ろいを体感し、
  光、水、土、空気、・・・・、
  自然界の贈り物に感謝して、

本来は、そういう生活がしたい。

時には、大雨やら、干ばつやら、暑すぎ、寒すぎ、・・・・、あるかもしれない。

でも、私には、

  “天災は、すべて、
   人間の犯した罪に対する自然界の警告である!”
  “人間の犯した過ちは、すべて、   
   天災(人災でさえも)となって人間に降り掛かる!”

と思える・・・。


  光(太陽)があり、
  地球があり、
  海があり、
  水があり、
  空気があり、
  そして、自然界の微生物・植物・動物がいて、
  やっと、人間が存在出来る。

すべては、つながっている!
すべては、結び付いている!
すべては、循環している!

あくまでも、人間は自然界の一部に過ぎない。
決して、自然界の統率者ではない。

人間が自然界を良くしよう!なんて思わない方が良い。

それは、大きなお世話。
実は、すごく横柄で、横暴な考え方。

  自然界のルールを知って、
  自然界の一部だと言う認識を持って、
  自然界の和を乱さないように、
  自然界にひっそりと馴染むように、

  質素に暮らすのが、一番良い!

と思う。


人工的に不自然に作られたモノ・・・
経済メリットだけを追求して作られたモノ・・・
自然界を無視して化学的・作為的に合成されたモノ・・・

今後、そういうものは、ドンドン、存在価値が無くなってくるように思える。


本来、我々、人間のすべきことは・・・、

  与えられた自然界の産物に感謝して、
  それらを活かすこと!

  自然界に対して、“ありがたみ”を覚えること!

絶対に、横柄になってはいけない!
人間が王様だとは思ってはいけない!
自惚れてはいけない!


そう思う。


今回は、ビジネスを離れて、
“素の菊池”が、普段、思っていることを書いてみた。

VOL83.「ご馳走」

普段のビジネスの場では、どうしても外食が多くなってしまうが、
基本的に、私は質素な食事が好きだ。

  玄米ご飯
  味噌汁
  納豆
  じゃこ
  きんぴらゴボウ
  カボチャの煮付け
  ・・・・・・

今の季節なら、このようなメニューが私にとっての最大のご馳走。
味噌汁の代わりに、けんちん汁などあれば最高だ。

もちろん、野菜等は出来る限りの無農薬で、無添加食材がベスト。

このような質素な食事、
自宅の場合であれば、結構、徹底できている。
(外食していると、無理・・・)

玄米ご飯を嫌うヒトが多いようであるが、
私は、普通の白米よりも、美味しく感じる。
玄米ご飯の方が体には良いというよりも、
美味しいから食べたい!という感覚である。

  黒米や雑穀米も美味しい・・・
  味噌汁も美味しい・・・
  納豆も美味しい・・・
  きんぴらゴボウも、カボチャの煮付けも、美味しい・・・

このような食事を採れている時は、何かすごく“幸せ感”を感じられる。

したがって、禁欲して、無理して、質素な食事にしているというわけではない。

今の私は都会でのマンション住まいなので、
家庭菜園を出来るような環境にいる方々が羨ましい・・・。
自給自足的な生活にひどく憧れる。


  暖かな日の光を浴びて、土の香りを感じ、風の匂いを感じ、
  草や木たちが生きている鼓動さえも感じ、
  そして、暑さや寒さ、季節の移ろいを体感し、
  光、水、土、空気、・・・・、
  自然界の贈り物に感謝して、

本来は、そういう生活がしたい。

時には、大雨やら、干ばつやら、暑すぎ、寒すぎ、・・・・、あるかもしれない。

でも、私には、

  “天災は、すべて、
   人間の犯した罪に対する自然界の警告である!”
  “人間の犯した過ちは、すべて、   
   天災(人災でさえも)となって人間に降り掛かる!”

と思える・・・。


  光(太陽)があり、
  地球があり、
  海があり、
  水があり、
  空気があり、
  そして、自然界の微生物・植物・動物がいて、
  やっと、人間が存在出来る。

すべては、つながっている!
すべては、結び付いている!
すべては、循環している!

あくまでも、人間は自然界の一部に過ぎない。
決して、自然界の統率者ではない。

人間が自然界を良くしよう!なんて思わない方が良い。

それは、大きなお世話。
実は、すごく横柄で、横暴な考え方。

  自然界のルールを知って、
  自然界の一部だと言う認識を持って、
  自然界の和を乱さないように、
  自然界にひっそりと馴染むように、

  質素に暮らすのが、一番良い!

と思う。


人工的に不自然に作られたモノ・・・
経済メリットだけを追求して作られたモノ・・・
自然界を無視して化学的・作為的に合成されたモノ・・・

今後、そういうものは、ドンドン、存在価値が無くなってくるように思える。


本来、我々、人間のすべきことは・・・、

  与えられた自然界の産物に感謝して、
  それらを活かすこと!

  自然界に対して、“ありがたみ”を覚えること!

絶対に、横柄になってはいけない!
人間が王様だとは思ってはいけない!
自惚れてはいけない!


そう思う。


今回は、ビジネスを離れて、
“素の菊池”が、普段、思っていることを書いてみた。

2007年12月10日

VOL82.「大事なことは気付き・・・」

前回分(VOL81)に続いての内容である。
前回分を読んでいないと何のことやら分らないので、
すでに読んで頂いる方も含めて、
改めて、もう一度、前回分(VOL81)をサッと一読して欲しい。

さて、・・・・・

大事なことは、
“別な自分”を作り、“今の自分”に聞いてみること。

  「あなたは、何にこだわっているのですか?」
  「あなたは、何か、足りないことに気付きませんか?」
  「あなたは、誰に責任を負わせたいのですか?」
  「あなたは、誰に分って欲しいのですか?」
  「もしかして、あなたは、今の現実から逃げようとしていませんか?」

“別な自分”を作り、“今の自分”に聞いてみること。

一歩引いて、自問自答することである。
一歩どころか、二・三歩、あるいは、もっと引いてみた方が良いかもしれない。

今、抱えている課題・悩み・問題を、一旦、自分の手の中から放り出してみたら良い。

一歩引いて、自問自答すること。

  静かに・・・、優しく・・・、ゆっくりと・・・、
  落ち着いて・・・、
  そして、焦らずに・・・、


  「そうかも知れないなあ・・・」
  「こだわり過ぎていたのかもしれないなあ・・・」
  「確かに、誰かに責任を負わそうとしているかもなあ・・・」
  「自分にも足りない部分があったかも知れないなあ・・・」
  「もしかして、目の前の現実から逃げようとしているだけかも・・・」

今まで、何かにこだわっていた自分を見つめ直した方が良い。

もし、上手く自問自答できない場合、
誰かに聞いてもらっても良いかもしれない。

  静かに、ゆっくりと、落ち着いて聴いてくれるヒト、・・・・・

誰かはいるだろう・・・。

誰かいるはずなのに、あるいは、
聴いて欲しいヒトがいるはずなのに、

聴けない場合もある。
聴きにくい場合もある。

それも、自分の掘り固まった“こだわり”かもしれない。

もしかしたら、本当に、静かに聴いてくれるヒトがいないかも知れない。

それも現実。

自分で作った現実。

  自分を見つめ直そう!

  必ず、答えは自分の中にある!

  他に原因を求めてはいけない!

自分で自分を見つめ直して、
そして・・・・・、
出来れば、心を共に出来る仲間(静かに聴いてくれるヒト)が必要だろう。


課題・問題・悩みは誰にだってある。

でも、必ず、答えは自分の中にある!


頑張ろう!

VOL82.「大事なことは気付き・・・」

前回分(VOL81)に続いての内容である。
前回分を読んでいないと何のことやら分らないので、
すでに読んで頂いる方も含めて、
改めて、もう一度、前回分(VOL81)をサッと一読して欲しい。

さて、・・・・・

大事なことは、
“別な自分”を作り、“今の自分”に聞いてみること。

  「あなたは、何にこだわっているのですか?」
  「あなたは、何か、足りないことに気付きませんか?」
  「あなたは、誰に責任を負わせたいのですか?」
  「あなたは、誰に分って欲しいのですか?」
  「もしかして、あなたは、今の現実から逃げようとしていませんか?」

“別な自分”を作り、“今の自分”に聞いてみること。

一歩引いて、自問自答することである。
一歩どころか、二・三歩、あるいは、もっと引いてみた方が良いかもしれない。

今、抱えている課題・悩み・問題を、一旦、自分の手の中から放り出してみたら良い。

一歩引いて、自問自答すること。

  静かに・・・、優しく・・・、ゆっくりと・・・、
  落ち着いて・・・、
  そして、焦らずに・・・、


  「そうかも知れないなあ・・・」
  「こだわり過ぎていたのかもしれないなあ・・・」
  「確かに、誰かに責任を負わそうとしているかもなあ・・・」
  「自分にも足りない部分があったかも知れないなあ・・・」
  「もしかして、目の前の現実から逃げようとしているだけかも・・・」

今まで、何かにこだわっていた自分を見つめ直した方が良い。

もし、上手く自問自答できない場合、
誰かに聞いてもらっても良いかもしれない。

  静かに、ゆっくりと、落ち着いて聴いてくれるヒト、・・・・・

誰かはいるだろう・・・。

誰かいるはずなのに、あるいは、
聴いて欲しいヒトがいるはずなのに、

聴けない場合もある。
聴きにくい場合もある。

それも、自分の掘り固まった“こだわり”かもしれない。

もしかしたら、本当に、静かに聴いてくれるヒトがいないかも知れない。

それも現実。

自分で作った現実。

  自分を見つめ直そう!

  必ず、答えは自分の中にある!

  他に原因を求めてはいけない!

自分で自分を見つめ直して、
そして・・・・・、
出来れば、心を共に出来る仲間(静かに聴いてくれるヒト)が必要だろう。


課題・問題・悩みは誰にだってある。

でも、必ず、答えは自分の中にある!


頑張ろう!

2007年12月 3日

VOL81.「上手く行かないことの方が多いんだよなあ・・・」

日々、生活していると、
仕事をする上でも、プライベートな場合でも、
なかなか自分の思い通りにならないことが多いものだ。

と言うか、
自分の思い通りに行かないことの方が多いかもしれない。

そして、イライラと、精神的ストレスを抱えてしまうものだ。

  「ダメだ!思った通りにならない!」
  「こんなはずではなかったのに!」
  「しかし、上手く行かないなあ・・・」

そして、場合によっては、

  「ここまでやってあげているのに、なぜ彼は分からないんだ!」
  「オレがこんな目に合うのは、○○の精だ!」
  「オレはこんなにやっているのに、どうしてウチの会社(社員)は・・・!」
  「他(周りの環境)が悪すぎる・・・!」

と、どうしても他に原因があると思ってしまうことがある。

そして、どうしても・・・、

  「自分はやっているのに・・・」
  「他(周り)が自分の邪魔をしている・・・」
  「なぜ、他(周り)は分かってくれないんだ!」

という感情が先に来てしまうこともある。

現在抱えている問題・課題・悩みに対して、
それを他(周り)に原因を求めてしまうのである。

それと同時に、自らの保身(「自分は正しい!」という思い)が先に来てしまうのである。


そういう場合、一歩引いて、自らを見直した方が良いだろう。

  「ちょっと待てよ!自分は何かにこだわり過ぎていないか・・・?」
  「あまりにも何かに固執し過ぎていないか・・・?」
  「一体、本当の自分は何がしたいんだろう・・・?」
  「このことは、オレに何かを気付かせる為に起こっているのではないか・・・?」
  「もしかして、自分自身、見直すべき点があるのではないか・・・?」

一歩引いて、自問自答することである。

一歩どころか、二・三歩は引いてみた方が良いかもしれない。

そして、“別な自分”を作り、“今の自分”に聞いてみることだ。

  「あなたは、何にこだわっているのですか?」
  「あなたは、何か、足りないことに気付きませんか?」
  「あなたは、誰に責任を負わせたいのですか?」

“別な自分”を作り、“今の自分”に聞いてみること。

ゆっくりと落ち着いて、“別な自分”から“今の自分”へ質問してみること。
静かに、自問自答すること。

  静かに・・・、優しく・・・、そして、落ち着いて・・・。

そうすれば、何かが見えてくる。

  「そうかも知れないなあ・・・」
  「こだわり過ぎていたのかもしれないなあ・・・」
  「自分にも足りない部分があったかも知れないなあ・・・」


“別な自分”“今の自分”を解決させなくても良い。

“別な自分”“今の自分”に気付きを与えるだけで良い。

大事なことは、この“気付き”・・・。
自分で“気付く”こと。

自分で、本気で、気付いたら・・・、
実は、その解決策は自分が一番良く知っている。

そうすれば、誰でも、素直にスッと修正できる。


  『他(周り)に、あまりにも原因を求めてはいけない!』
  『大事なことは、自分で気付くこと!』
  『自分で自分を見つめること!』
  『自己治癒力(自分で自分を解決する力)を磨くこと!』


誰だって、課題や問題・悩みはあるものだ!

  静かに・・・、優しく・・・、ゆっくりと・・・、
  そして、焦らずに・・・、
  自分を見直そう!

VOL81.「上手く行かないことの方が多いんだよなあ・・・」

日々、生活していると、
仕事をする上でも、プライベートな場合でも、
なかなか自分の思い通りにならないことが多いものだ。

と言うか、
自分の思い通りに行かないことの方が多いかもしれない。

そして、イライラと、精神的ストレスを抱えてしまうものだ。

  「ダメだ!思った通りにならない!」
  「こんなはずではなかったのに!」
  「しかし、上手く行かないなあ・・・」

そして、場合によっては、

  「ここまでやってあげているのに、なぜ彼は分からないんだ!」
  「オレがこんな目に合うのは、○○の精だ!」
  「オレはこんなにやっているのに、どうしてウチの会社(社員)は・・・!」
  「他(周りの環境)が悪すぎる・・・!」

と、どうしても他に原因があると思ってしまうことがある。

そして、どうしても・・・、

  「自分はやっているのに・・・」
  「他(周り)が自分の邪魔をしている・・・」
  「なぜ、他(周り)は分かってくれないんだ!」

という感情が先に来てしまうこともある。

現在抱えている問題・課題・悩みに対して、
それを他(周り)に原因を求めてしまうのである。

それと同時に、自らの保身(「自分は正しい!」という思い)が先に来てしまうのである。


そういう場合、一歩引いて、自らを見直した方が良いだろう。

  「ちょっと待てよ!自分は何かにこだわり過ぎていないか・・・?」
  「あまりにも何かに固執し過ぎていないか・・・?」
  「一体、本当の自分は何がしたいんだろう・・・?」
  「このことは、オレに何かを気付かせる為に起こっているのではないか・・・?」
  「もしかして、自分自身、見直すべき点があるのではないか・・・?」

一歩引いて、自問自答することである。

一歩どころか、二・三歩は引いてみた方が良いかもしれない。

そして、“別な自分”を作り、“今の自分”に聞いてみることだ。

  「あなたは、何にこだわっているのですか?」
  「あなたは、何か、足りないことに気付きませんか?」
  「あなたは、誰に責任を負わせたいのですか?」

“別な自分”を作り、“今の自分”に聞いてみること。

ゆっくりと落ち着いて、“別な自分”から“今の自分”へ質問してみること。
静かに、自問自答すること。

  静かに・・・、優しく・・・、そして、落ち着いて・・・。

そうすれば、何かが見えてくる。

  「そうかも知れないなあ・・・」
  「こだわり過ぎていたのかもしれないなあ・・・」
  「自分にも足りない部分があったかも知れないなあ・・・」


“別な自分”“今の自分”を解決させなくても良い。

“別な自分”“今の自分”に気付きを与えるだけで良い。

大事なことは、この“気付き”・・・。
自分で“気付く”こと。

自分で、本気で、気付いたら・・・、
実は、その解決策は自分が一番良く知っている。

そうすれば、誰でも、素直にスッと修正できる。


  『他(周り)に、あまりにも原因を求めてはいけない!』
  『大事なことは、自分で気付くこと!』
  『自分で自分を見つめること!』
  『自己治癒力(自分で自分を解決する力)を磨くこと!』


誰だって、課題や問題・悩みはあるものだ!

  静かに・・・、優しく・・・、ゆっくりと・・・、
  そして、焦らずに・・・、
  自分を見直そう!





■菊池 功プロフィール

          菊池 功        環境ビジネス
コンサルティングを
ゼロから立ち上げた男!



株式会社船井総合研究所
執行役員
環境ビジネスコンサルティンググループ 部長
菊池 功(きくち いさお)

■株式会社船井総合研究所
 TEL:03-6212-2934
 FAX:03-6212-2943
 Mail:eco-webnet@eco-webnet.com



<出版書籍>
2011年12月16日発売!
『中小企業は「省エネ・節電ビジネス」で儲けなさい!』
中小企業は「環境ビジネス」で儲けなさい!

『50兆円市場を狙え! 新規事業は「環境ビジネス」で仕掛けなさい!』
50兆円市場を狙え! 新規事業は「環境ビジネス」で仕掛けなさい!

『中小企業は「環境ビジネス」で儲けなさい!』
中小企業は「環境ビジネス」で儲けなさい!


●船井総合研究所
コンサルティングメニュー






【オススメブログ】



オフィシャルサイトはこちらからどうぞ 株式会社船井総合研究所


ブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへ

■過去の日記