« 2009年5月 | メイン | 2009年7月 »

2009年6月29日

VOL164.「エコカー減税、エコカー補助金」

今、自動車業界の活性化策として、
「エコカー減税」、及び、「エコカー補助金制度」が施行されている。

と同時に、
「13年を超えた車は環境に悪いから廃車にして新車を購入しよう」
という政策も開始されている。

まあ、全く環境対策をしていない自動車を買うよりは、
エコカーと呼ばれる環境に優しい自動車
(ただし、本当に環境に優しいかは甚だ疑問)
を買うことを奨励するのは分かる。

しかし、これらの政策は、完全に時代の流れとは逆行している、
これまでの資本主義的な小手先の政策に過ぎないと感じる。

  「作って、売って、買って、使って、捨てて・・・」
また、
  「作って、売って、買って、使って、捨てて・・・」
そして、また、
  「作って、売って、買って、使って、捨てて・・・」
・・・・・・・・・・・・

とにかく、大量生産・大量販売・大量消費・大量廃棄・・・という
“資本主義的な悪循環”から抜け出さないと将来は見えないのに、

どうしても、その悪循環に逆戻りさせたいのだろう。

政府もそうだが、
既存業界、及び、企業側もそういう考え方からなかなか抜け出せない。


本来、あるべき姿は、
古い自動車は、出来る限り、修理してクリーニングしてメンテナンスして、
そして、また、使う。
より長持ちさせる。
無理に買い替えしない。

日本の修理技術、クリーニング技術、メンテナンス技術は世界一。

例えば、エンジン内部の洗浄であっても、
環境を害さず、機械部品も害さないエコ洗浄技術はすでに存在している。

これを活用すれば、古いエンジンでも、その性能は上がり、燃費が良くなり、
排ガスもキレイになる。

新車を生産するよりは、圧倒的に環境負荷が掛からない。


  修理ビジネスマーケット
  クリーニングビジネスマーケット
  メンテナンスビジネスマーケット
  リユースビジネスマーケット
  リサイクルビジネスマーケット

そういったアフターマーケットをもっともっと充実させるべきである。

ただし、例えば、クリーニングビジネスマーケットであっても、
従来のような石油系洗剤・塩素系洗剤に依存した技術・システムでは良くない。

それでは、クリーニング後の廃液・排水により環境負荷が高くなる。

従来の石油系洗剤・塩素系洗剤に依存しない技術・システムは
すでに確立されているので、
それらを普及させなければいけない。

将来に向けた新技術・新システムの開発・導入により、
ゼロ発想で、新しいビジネスマーケットを作り、
善循環型のシステムを構築すべき時だと思う。


これまでの日本は、工場立国・生産立国主義であった。
いわゆる、プロダクトマーケット主導であった。

これからは、すべての業界で、アフターマーケット主導にして、
アフターを考えたプロダクトをしなければいけない。

つまり、修理・クリーニング・メンテナンス・リユース・リサイクルを
前提にした生産・販売・流通システムである。

「とにかく、大量に作って、大量に売って、大量に使って、大量に捨てる!」

ではなく、

「“省量”作って、“省量”売って、“省量”使って、そして、
完全修理・完全クリーニング・完全メンテナンス・完全リユース・完全リサイクル!」

「使い始めたら、より長く使う、よりメンテナンスして使う、
本当に要らなくなったら、リユースする、リサイクルする」

そういう姿が理想系だ。

これこそ、常に私が言っている“江戸時代型ビジネスモデル”のことである。

企業としても、爆発的な収入UP、莫大な売上利益を得るのではなく、
小さいながらも、地道に・・・、継続的に・・・、安定した・・・、
経営をしていくことを目指すべきだ。


2009年6月22日

VOL163.「景気回復???」

今月出た政府の6月月例経済報告によると・・・、

「一部に持ち直しの動きがみられる・・・」
と“悪化”の表現を7カ月ぶりに削除し2カ月連続で上方修正した。

そして、輸出の持ち直しも急速に進んだことなどから、
与謝野財務・金融・経済財政担当相も
「景気は1〜3月が底打ちの時期だったと思う」
などと景気が底入れしているかのような発言をしている。

しかし、本当に景気は底入れ(回復の兆し)しているのだろうか???

確かに、自動車を中心とする大手製造業等の在庫調整は進んでおり、
「在庫調整さえ終われば、また、少しずつ上向きに・・・」
と期待している経営者は多いようだ。

そして、そう期待している経営者は
「今年の1〜3月の暗黒時期に比べると最悪は脱した」
と考えているようだ。

しかし、

「決して、そんなことはない!」
「むしろ、これからが厳しさの始まりである!」

と、私は思っている。


暗黒の1〜3月時期に比べると、今、日米とも株価が上昇してきているが、
それは、人為的な株価操作と言わざるを得ない。

金融危機以降、アメリカを筆頭として世界各国政府が資金を投入。
つまり、国債を大増発。

国債の増発に伴い、国債価格が値下がり。
その結果、長期金利が上昇。

それにより、経済に再びブレーキを掛けることになるだろう。
そして、株価も再び暴落していかざるを得ない。

根本的な欠陥を抱えた機械なのに、
表面を隠すだけの応急処置的な見せ掛けの修理だけして、
とりあえず動かしている・・・、

そのようなものである。

目の前のことで精一杯、目先の体裁だけで精一杯、
今の政府は、もう中長期的な展望は全く失っている。

暗黒の1〜3月に比べて、今は良くなっているかのように見える分、
今度は、その良くなった分以上に落ちていくだろう。

そして、また少し経過して、小手先の対策で少し良くなったように見えて、
その良くなった分以上に、三度(みたび)落ちていくことになるだろう。

結局は、景気(個人消費と設備投資)は、多少、上下しながら、
中長期的には下がっていって悪くなっていくしかない。

政治的な矛盾、
官僚体制の矛盾、
金融的な矛盾、
資本主義的な矛盾、
・・・・・・、

そういう矛盾が噴出して根本的に解決されていくまで、
その下降スパイラルは続くだろう。

新しい政治のあり方、
新しい行政のあり方、
新しい金融のあり方、
新しい企業体制のあり方、

そういうものが構築されるまで、下降スパイラルは続くだろう。


そう考えて、敢えて見方を全く逆から見ると、

下降スパイラルになるということは、

「決して、悪くなっていくのではなく、
良くなっていく為に悪いものが噴出している!」

と考えた方が良いだろう。

「悪い部分がすべて噴出した後、
新しい良い部分が芽を出す!」

そう考えた方が良いだろう。

と言うか、そう考えるべきである。

企業経営についても同様だ。

今、抱えている企業内部の根本的な課題、
気付いているのに、先送りしているだけならば、
今後も下降スパイラルは続くだろう。

是非、“前向きに・・・”
悪くなっていく部分を受け入れて(噴出させて)、
新しい方向性を見出したいものである!


2009年6月15日

VOL162.「超“二極化”現象!」

今、あらゆる業界で、物凄い“二極化現象”が現れている。

“二極化現象”とは、
極端な格差が生じてしまい、
平均的な状態を保つ存在がなくなり、
格差の両端に集中してしまう現象を言う。

これまでは、“大小の二極化”だった。

しかし、今は違う。

今は、“攻守の二極化だ”

同じ“二極化現象”でも、その中味は全く違う。

“大小の二極化”とは、
いわゆる、“大企業と中小零細企業の二極化”だ。

“持つ者と持たざる者の二極化”とも言える。

大きくて資本力のある企業がより利益を得る一方で、
小さくて資本力のない企業がより利益を損なう。

そんな現象だった。

一方、“攻守の二極化”とは大きさの問題ではなく、質的な問題だ。

この経営環境の厳しい時代において、
「積極果敢に攻めて行ける企業」と
「ただひたすら守るのみの専守防衛企業」に分かれるということである。

規模の大小、資本の大小ではなく、
質的に「攻めて行けるか?」「ただ守るだけか?」である。

もっと言うと、精神的な部分・気持ちの部分が大きい。

とにかく、今は、大きいということだけでは経営しにくい。
と言うか、大きい方(大企業の方)が経営しにくい。
組織が大き過ぎる、しがらみが多過ぎる、そういう弊害である。

今は、“持つ者”よりは“持たざる者”の方が攻めて行ける場合が多い。
“持たざる者”にとって、最大のチャンスの時期だ。

この“持たざる者”、いわゆる、中小企業にとって大事なことは、
「ヨコ型の人的ネットワークを構築すること」
あるいは、
「ヨコ型人的ネットワークに参加すること」である。

この「ヨコ型人的ネットワーク」とは、
従来の元請・下請、あるいは、親会社・子会社のような
「タテ型企業型のネットワーク」ではない。

元請・下請、親会社・子会社・・・のような
支配・被支配型の隷属型ではない。

そうではなくて、
お互いを上手く活用しながら、かつ、活用されながら、
顧客資産を共有したり、商品を共有したり、販路を共有したり、
同じ目線でビジネスを共に構築していくネットワークのことである。

いくら気持ちで“攻めて行こう!”としても、たった1人では出来ない!
やはり、仲間が必要だ!
お互いを上手く活用しながら、かつ、活用されれるような仲間が必要だ!

この「ヨコ型人的ネットワーク」、

これを構築できるか?あるいは、これに参加できるか?

それが“持たざる者”にとっての成功のポイントである。


※なお、6/23(火)に、「環境ビジネス発見塾」が開催される。
環境ビジネスに関して、ネットワーク作りや人脈作りに、是非、活用頂きたい。
    ↓ ↓ ↓
https://www.eco-webnet.com/study/detail.html?sid=38

お問い合わせ:
株式会社船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループ
担当:中山
TEL:03−6212−2931/FAX:03-6212-2947
Email:eco-webnet@eco-webnet.com

2009年6月 8日

VOL161.「創業2年で年商30億円突破!」

私のクライアントに、
創業2年で年商30億円を突破している企業がある。

正確に言うと、“達成している”と言うよりも、
“達成確実”と言った方が良いかも知れない。

省エネ関連のベンチャーメーカーである。

オリジナルブランドを作って、100%自社で販売している。
環境ベンチャーメーカーで、代理店を全く持たないのは珍しい。
急成長させるには、代理店制が不可欠だからだ。

また、社員数は、間もなく100人を突破する。
その100人は全員中途入社であるが、
来年からは新卒も入社させる。

創業2年のベンチャーメーカーで、
新卒を入社させるのもこれまた珍しい。

今、省エネメーカーは数多いが、
その中でも、この伸び率は素晴らしい。

最大の要因は、
もちろん、製品の良さもあるが、
限定して販路開拓を進めたからだろう。

どんな販路を開拓したかは、
この企業の営業戦略に影響するので本ブログでは割愛するが、
実に絶妙な販路を切り開いた。

「何!?そこを攻めるのか!」

初めて聞いた人は、きっとそう思うだろう。

それぐらい、(ニッチだが)絶妙な切り口なのである。


そんな成功しているような企業でも、最初の第一歩は非常に苦労した。

もちろん、最初は全く相手にされない。
相手にされたと思ったら、
「担当者は私ではありません!」
と言われる。

「では、どなたですか?」
と聞いても、たらい回し・・・。

なかなか担当者に行き着かない・・・。
行き着いたと思ったら、決済がメチャクチャ遅い・・・。

最終的には、大幅なディスカウント・・・。

まあ、今、考えれば当たり前かもしれない。
その頃は、全くの無名企業だったのだから・・・。

しかし、1件の実績を作ったら、紹介案件が増えてきた。
紹介してもらえるような営業の工夫をした。

行ける!と踏めば、
大量に営業マンを採用した。

そして、一気に同様な販路を攻めた。

一気・・・に、
限定・・・して、
徹底・・・して、
同様な販路を

攻め続けた。


あれもこれも・・・それも・・・、
追ってはいけない!

一気・・・に、
限定・・・して、
徹底・・・して、

同様なルートを攻め続けた方が良い!

あれもやり・・・、これもやり・・・、それもやり・・・、
それでは、なかなか成長はできない。

一点突破!
集中主義!

それが重要である。

(ただし、ターゲットを決め切るまでは、幅広く多面的に攻める必要はあるが)

2009年6月 1日

VOL160.「攻めているか?」

昨年9月以降、
メーカー各社の極端な在庫調整と大減産・・・、
極端なコストカット・・・
新規の設備投資は、一切、凍結・・・
「一体、どこまで落ちるんだ!」と言った、
大手メーカーでさえ、全く先が読めない不況感・・・
特に、今年の1〜3月は“暗黒の1〜3月”だった。

しかし、4月以降、各社とも、何となく落ち着いてきているようだ。

  落ちるところまで落ちてきた、と言うか・・・
  現在の不況に慣れてきた、と言うか・・・
  開き直ってしまっている、と言うか・・・

決して、状況が良くなっているわけではないのだが・・・、

「もう少し辛抱すれば、視界が開けるのでは?上向くのでは?」

と思っている経営者も出てきた。


しかし、実際はそんなに甘くはない。

確かに、今は、一時に比べると、ダウン率は横這いになっていて“底”の状態だが、
これから始まる経済状況を考えると、私はゾッとする。

これから、本格的に“底”が割れ始めるからだ。

政府が14兆円の史上最大の経済対策を打ち出しているが、
本格的に“底”が割れるのは間違いない。

“底”が割れようとしている時、一番してはいけないこと、
それは、「専守防衛」である。

“ただ、ひたすら守るだけ”

絶対にこれをしてはいけない。

逆に、

“攻めること”

これこそが、一番、しなければいけないことである。

  新しい製品の開発・・・
  新しい顧客層の開拓・・・
  新しい販売ルートの開拓・・・
  新しい販売体制のチャレンジ・・・
  新しい事業への進出・・・
  ・・・・・

とにかく、今は、新たに“攻めること”が大事である。

その場合、過去の成功体験・成功要因が邪魔をする場合がある。

例えば、

「新しい製品を開発すると、過去の製品とバッティングしてしまう」とか、
「新しい販売ルートを開拓すると、既存の販売ルートを潰してしまう」とか、
「新しい事業をすると、今の組織が動かない」とか、

過去、成功した体験・成功してきた要因が掘り固まってしまって、
身動きが出来ないのである。

これが、一番、マズイ!

ある意味・・・、部分的には・・・、

過去を断ち切らなければいけない。
過去の成功体験を否定しなければいけない。


今は、過去を否定するところからスタートした方が良い。

とにかく、

  “新規!”“新規!”“新規!”

である。

  “新製品の開発!”
  “新規顧客の開拓!”
  “新規販路の開拓!”
  “新体制の確立!”
  “新規事業の開発!”

改めて、“攻めダルマ”になる時である。





■菊池 功プロフィール

          菊池 功        環境ビジネス
コンサルティングを
ゼロから立ち上げた男!



株式会社船井総合研究所
執行役員
環境ビジネスコンサルティンググループ 部長
菊池 功(きくち いさお)

■株式会社船井総合研究所
 TEL:03-6212-2934
 FAX:03-6212-2943
 Mail:eco-webnet@eco-webnet.com



<出版書籍>
2011年12月16日発売!
『中小企業は「省エネ・節電ビジネス」で儲けなさい!』
中小企業は「環境ビジネス」で儲けなさい!

『50兆円市場を狙え! 新規事業は「環境ビジネス」で仕掛けなさい!』
50兆円市場を狙え! 新規事業は「環境ビジネス」で仕掛けなさい!

『中小企業は「環境ビジネス」で儲けなさい!』
中小企業は「環境ビジネス」で儲けなさい!


●船井総合研究所
コンサルティングメニュー






【オススメブログ】



オフィシャルサイトはこちらからどうぞ 株式会社船井総合研究所


ブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへ

■過去の日記