« 2010年6月 | メイン | 2010年8月 »

2010年7月26日

VOL220.「猛暑」

今、日本列島は全国的に猛暑が続いている。

先日、岐阜の多治見では39.4℃と今年1番の気温を記録したそうだ。
また、線路が暑さで膨張してしまい、遅れが出た鉄道もあったと言う。

海外に目を移してみると、ロシアなどは日本以上の猛暑だとか・・・。
何でも、首都モスクワでは例年より9〜10℃も気温が高いらしい。


ところで、私の場合、
こういう暑い日が続いても、夏の暑さはあまり苦にならない。

確かに暑いのは暑いが、

それで気が滅入るわけでもなく・・・、
嫌気が差すわけでもなく・・・、
健康を損ねる(いわゆる、夏バテする)わけでもなく・・・、
体調不良で仕事に支障をきたすわけでもなく・・・、

淡々と過ごすことができる。

食欲なども旺盛だ。


では、冬の寒さはどうかと言うと、
確かに寒い時は寒いが、
夏と同様に、健康を損ねる(風邪等の病気になる)ことはほとんどない。

やはり淡々と過ごすことができる。


夏は夏らしく暑い方が良いし、
冬は冬らしく寒い方が良いと思う。

春は春らしく、秋は秋らしい方が良い。


そんな私がこのような暑い夏場に気を付けていることは、
至ってシンプル。

“しっかりと汗をかく”ことである。

例えば、昨日の日曜日、
毎週恒例の10km程度のジョギングをした。

朝8〜9時に走っているが、
今の時期、この時間帯でもすでに日差しがきつく、結構、暑い。

10kmも走れば、それこそ汗でビショビショだ。

ただし、日々、コンサルティング業務を行っていると、
平日はそこまでの運動はできない。

したがって、夜、汗をかくようにしている。

実は、私の自宅にはエアコンを付けていない。
夏の時期でも、扇風機とうちわだけである。

緑に包まれた田舎の地方で風通しも良い場所ならまだしも、
コンクリートに囲まれた首都圏に住んでいる人間にとって、
エアコンを付けていないこと自体、結構、珍しがられる。

熱帯夜の夜は、それこそ大量の汗をかく。
と言うか、むしろ、汗をビッシリとかくようにしている。

朝起きて“汗ビッシリ”と言うのは気持ち悪いと思うかもしれないが、
実は、なかなか気分の良いものなのだ。

体から余分な水分・油分が抜けると言うか、
体が軽くなると言うか・・・、

そんな感覚になる。


そして、朝シャワーを浴びて、良い水を1〜2Lほど飲む。
すると、朝からスッキリして、“ダルさ”などは一切感じない。

出すべきものは出して、入れるべきものは入れて、
体内の70%を占める水分を淀みなく、
しっかりと対流させることが大事だと思う。

“滞留”ではなく、“対流”だ。


それは、まるで大自然の中でサラサラと流れる清流のように・・・、
淀みのない水分の流れ(体内循環)を作ることである。


とにかく、暑い夏こそ、その暑さを受け入れて、体を順応させていくことだと思う。

“夏バテする”とか、“夏にバテる”とは、
夏の暑さと必死で競争している状態のように私には思える。

(自然界に勝つことはないのに・・・)

そうやって競争するのではなく
まずは静かに受け入れる(共生する)ことだろう


夏には、夏の暑さを受け入れて・・・
冬には、冬の寒さを受け入れる・・・

決して、文明の利器だけに頼るのではなく
体を地球に順応させる(共生させる)ことが必要だと思う


自然との共生の中にこそ
人間の本当の健康は存在するものである

2010年7月20日

VOL219.「船井総研 農業研修 2010」

現在、私が統括する部署には約50名が在籍しているが、
毎年、この時期に農業研修を行っている。

社員が持ち回り交代制で、毎週末、農場に出て農業に精を出す。

農場は、茨城県の鯉渕学園という、
全国でも珍しい「農業の専門学校」の敷地を研修用として借りている。


もちろん、農薬や化学肥料を一切使わない。
完全な無農薬無化学肥料による自然農法だ。

この時期の作物としては、
とうもろこし・すいか・かぼちゃ・トマト・ミニトマト・
春じゃが・玉ねぎ・青ねぎ・なす・ピーマン・オクラ・・・・、

そして、今年からは米も作っている。

もうこの時期には、上手く収穫できている作物もあるし、
逆に、見事に失敗してしまっているものもある。

さて、当番になっていたので、私は先々週の土曜日に行って来た。

無農薬で行っている為、やはり、この時期は雑草が凄い。

社員交代制と言っても、
我々は、日々、本業のコンサルティング活動を行っているので、
毎日行けるわけではなく、土日にしか行けない。

だから、この時期に1週間も放っておくと、雑草の成長スピードが速く、
「ここは雑草を育てているのか?」と勘違いさえされてしまう。

したがって、この時も私が行くと、まずは、雑草取り。

もう手馴れたもので、草狩り機の使い方は“お手のモノ”である。

ただし、すいかやかぼちゃは地面に沿って横に広がって成長して行くので、
雑草と同化してしまい、機械は使えない。
したがって、手作業によるカマで丹念に処理していくしかない。

しかし、まあ、不耕起農法もあるくらいだから、
結論としては上手く雑草と同居させるのがポイントだろう。


一方、ミニトマトなどは、この時期にある程度“間引き”をしてあげないと、
成長力が弱まる。
したがって、この日は生育状態を観察しながら、簡単な“間引き作業”を行った。


また、とうもうこしの一部は、途中で茎が折れていて、
横倒しになっていたものがあった。

根っこを見てみると、根の成長が遅く深く伸びていなかった。

「ああ、これでは、ダメかな・・・」

見た目には普通に見えても、根っこが伸びていなければ、
土の養分を吸収できていない状態であり、
生命力が弱くなり、横倒しになってしまうものだ。

一応、盛土をして、茎を立たせて、この後の成長を見守る・・・、
という応急措置はしてきたが、しっかりとした実を付けるのは無理だろう・・・。

さて、この農業研修、今月末には部署メンバー50名全員が一同に集まり、
収穫祭という名目でバーベキューを行う予定だ。

日頃はコンサルティング活動に精を出しているが、
さんさんと降り注ぐ太陽の下、
作物や土、そして、雑草等にまみれるのも良いものである。

目的は、農作業を通じて、
忘れがちな自然の難しさ・ありがたさを学ぶ為、
食(自然の恵み)の大事さを学ぶ為、
そして、社員間のコミュニケーションを円滑にする為の社員研修でもある。

しかし、究極の目的の1つは違う次元で考えている。


それは、「自給自足的なライフスタイルへの挑戦」である。

社員交代制で育てた無農薬無化学肥料の農作物を
社員、及び、その家族に供給して、食生活に活かしてもらうのである

社員が日常生活を営む上で、
コンビニ弁当やスーパーの安売り商材ではなく、
少しでも安心・安全な食生活を実現できれば最高である。

船井総研社員であれば、
自給自足的に最低限の安心・安全な農作物を食すことが出来る

そんなライフスタイルを確立していくことが、
実は、この農業研修の究極の目的である。

今すぐ完全な姿は無理としても、
試行錯誤を繰り返しながら進めていきたいものである。


2010年7月12日

VOL218.「参議院選」

マスコミ各社の予想通り、
やはり、民主党は過半数を取れなかった。

自民党が盛り返し第一党になり、その結果、“ねじれ国会”となった。


ところで、すでに本ブログで伝えているように、私個人的には、

「これからは、群雄割拠の時代であり、政治の“戦国時代”であり、
民主党も、自民党も、その他の政党も、
どこも決め手になるところは出てこない!
しかも、数年間(2015年ごろまで)は続く!」

と見ている。

しかも、

その戦国様相は中央だけで繰り広げられるのではなく、
地方も含めて全国各地で繰り広げられる、

もっと正確に言うと、

中央では絶対にまとまらない。

逆に、“地方発”の有力なリーダーが出現してきて、
地域密着でその地域に合ったやり方で改革がなされ、
そこで、その地域らしさが発揮されるようになる、

その流れはある地域から起こり、時を同じくして、
他の各地域でも起こり、
“うねり”のようになって最終的には中央をも動かす。

そんな感じになるのではないかと思っている。

いわゆる、

「中央集権から地方分権へ」
「一極集中から地方分散へ」
「トップダウンからボトムアップへ」

の流れだ。

この大きな流れは、もう誰にも止められない。

“天のシナリオ”と言うか、
“時代の流れが生んだ!”と言うか、

そう考えた方が良いだろう。


とにかく、これから数年間(2015年ごろまで)、
政治は紆余曲折する、小党も乱れての群雄割拠・戦国時代になる!

私はそう確信している。

したがって、首相が菅さんだろうが、
岡田さん?前原さん?だろうが、
結局、誰でも同じで、“混迷”することは間違いない。


と言うか、「ドンドン“混迷”した方が良い!」のである。

政治家自身の問題、
官僚の問題、
カネの問題、
利権の問題、
日米・日中の問題、
北朝鮮の問題、
・・・・・、

日本にはまだまだ多くの内在する問題があって、
それらがすべて公開されて、「えっ?そういうことだったのか!」と
国民の大多数が本当の事実を知る時こそ、
本当の政治・本来あるべき政治の姿になると思うからだ。

そして、

「さんざんに混迷した後にこそ、
やっと本当の政治・本来あるべき政治の姿が見えてくる!」

「“混迷”こそ、“今の時代の正しい流れ”!」。

そう感じるのである。

2010年7月 5日

VOL217.「相撲界 野球賭博問題」

最近の報道は過熱気味だが、
相撲界が野球賭博問題でひどく揺れている。

協会の調査結果によると、過去5年以内に野球賭博をしていたのは29人、
野球以外の何らかの賭博行為にかかわっていたのが45人とのこと。

「そんなにもいたのか!」という感じだ。


ところで、今回の事の発端は、
何と、「内部告発!」・・・のようだ。

もう周知の事実だが、
政治の世界以上に、相撲協会も完全な“派閥”の世界。

年寄株をもった親方の数に応じて、理事の数が決まり、
理事になるのも、現役時代の成績(番付)順で年功序列。

そして、理事にもいろいろなポストがあって、理事になった後も、
順番にそのポスト枠がたらい回しされる。


まさに、そのポスト配置図は、
政治の世界の財務大臣・国交大臣・外務大臣・・・・と同様で、

「まずはお前で、次はオレ、その次はアイツか・・・」

そんな皮算用が頻繁に飛び交うようだ。


そして、そのポスト競争において、
一般人の想像をはるかに超えるドロドロ劇があるとのこと。

「なぜ、アイツがあのポストに・・・」
「オレじゃないのかっ!」
「おい!おい!待てよ!話が違うじゃないか!」
・・・・・・・・・・

そんな嫉妬・妬み・やっかみが動めいているそうだ。


そして、過熱すると、やがては理事降ろしや理事長降ろしが始まる・・・。

昔、大麻問題による元北の海理事長の辞任劇もその典型とか・・・。
そして、その時、大麻問題で逮捕されて、角界を追放された力士がいたが、
あれは完全な“シロ”・・・とも言われている。


今春の理事選で貴乃花親方が必死になってオープンな投票を訴えたのも、
そんなドロドロした古い古い体質を改革しようと思ったからだろう。

そして、その時、貴乃花親方に投票した大嶽親方が、
今回の賭博問題で密告されたのは当然の“しっぺ返し”だったかもしれない。

何でも、密告された瞬間、その大嶽親方が「はめやがった!」と叫んだらしい。

とにかく、最近の相撲界の一連の不祥事、ほとんどすべてが「内部告発」。

“組織”も、もう、このようになると“おしまい”だ!

相撲一筋で生きてきた若者が出世して、やがて大金を得て、
相撲界だけに留まり、外の世界には全く触れず、分からず、
最終的にはドロドロした世界へ足を踏み入れていく。

知らず知らずのうちに、それが当たり前になり、
何の疑問も抱かず、一生懸命に“その組織”に合わせようと生きてしまうわけだ。

(逆に、最大の被害者は、そのような“組織”に飼い慣らされた、
その組織内の“一個人”なのかもしれない)

“組織”も、もう、このようになると“おしまい”だ!

我々も、同じ組織・同じ立ち居地に居続けると、
その感覚に麻痺していく可能性がある。

時には、意識して別な立ち居地に変わったり、
自らを客観的に見ることが大事だ!

出来る限り、常に外に眼を向けて、
マクロな視点を持ち続けていたいものである。





■菊池 功プロフィール

          菊池 功        環境ビジネス
コンサルティングを
ゼロから立ち上げた男!



株式会社船井総合研究所
執行役員
環境ビジネスコンサルティンググループ 部長
菊池 功(きくち いさお)

■株式会社船井総合研究所
 TEL:03-6212-2934
 FAX:03-6212-2943
 Mail:eco-webnet@eco-webnet.com



<出版書籍>
2011年12月16日発売!
『中小企業は「省エネ・節電ビジネス」で儲けなさい!』
中小企業は「環境ビジネス」で儲けなさい!

『50兆円市場を狙え! 新規事業は「環境ビジネス」で仕掛けなさい!』
50兆円市場を狙え! 新規事業は「環境ビジネス」で仕掛けなさい!

『中小企業は「環境ビジネス」で儲けなさい!』
中小企業は「環境ビジネス」で儲けなさい!


●船井総合研究所
コンサルティングメニュー






【オススメブログ】



オフィシャルサイトはこちらからどうぞ 株式会社船井総合研究所


ブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへ

■過去の日記