« VOL.582:「なぜ、営業部門が強くならないのか?」 | メイン | VOL.584:「ビジネスチャンスはそこにある!」 »

VOL.583:「今のままで良いですか?〜未来発想〜」

皆さま、どうだろう?
これからも自社は現状の延長線上で
大丈夫だろうか?
成長曲線を描けるだろうか?

こう聞かれた時に、
「現状のままで充分だ!」
「何も変えなくて良い!」
と自信に満ちている企業は
少ないのではないかと思う。

と言うのも、企業というものは
何かしらの課題・問題点を
必ず持っているものだからだ。
・組織を変えないといけない・・・
・取扱商品を変えないといけない・・・、
・幹部の意識を変えないといけない・・・、
・社内の仕組みを変えないといけない・・・、
企業により様々だろう。

しかし、実際に変えられる企業は
少ないようだ。

現状のままでも
何とか行けているからである。
そして、
変えた場合のリスクがあるからだ。

そういう時、「変わるリスク」と
「変わらないリスク」、
どちらのリスクが高いだろうか?

間違いなく、
短期的には「変わるリスク」が高く、
長期的には「変えないリスク」の方が高いだろう。

ヒトには3種類いる。
・周りが変わる前に自ら変化するヒト
・周りが変われば
 それに従い(仕方なく)変わるヒト
・周りが変わっても
 自らはかたくなに変化することを拒むヒト

これだけ時代そのものが
変化していく中においては、
周りが変わる前に
積極的に自らを変化させていきたいものだ。

ある意味、変化する「勇気」と言うか、
決め切る「勇気」と言うか、
別な言い方をすれば、
捨て去る「勇気」が今求められているようだ。

過去の延長線上で考えるのではなく、
「将来こうなるだろうから、
今、こうする!しなければいけない!」

そういう考え方を持つべきだろう。

そして、将来求められるビジネスは
何か?を考えて、
「だから、今からこれを準備する」
と考えることが必要だ。

「過去・現状がこうだから
今もこれをする」
これは過去発想。

それに対して、
「未来・将来はこうなるだろう、
こうすべきだ!
だから、今はこれをする!
これをしなければいけない!」

こちらは「未来発想」。

過去と現状に流されてはいけない!
是非、「未来発想」を持ち続けて欲しい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.eco-webnet.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1951

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





■菊池 功プロフィール

          菊池 功        環境ビジネス
コンサルティングを
ゼロから立ち上げた男!



株式会社船井総合研究所
執行役員
環境ビジネスコンサルティンググループ 部長
菊池 功(きくち いさお)

■株式会社船井総合研究所
 TEL:03-6212-2934
 FAX:03-6212-2943
 Mail:eco-webnet@eco-webnet.com



<出版書籍>
2011年12月16日発売!
『中小企業は「省エネ・節電ビジネス」で儲けなさい!』
中小企業は「環境ビジネス」で儲けなさい!

『50兆円市場を狙え! 新規事業は「環境ビジネス」で仕掛けなさい!』
50兆円市場を狙え! 新規事業は「環境ビジネス」で仕掛けなさい!

『中小企業は「環境ビジネス」で儲けなさい!』
中小企業は「環境ビジネス」で儲けなさい!


●船井総合研究所
コンサルティングメニュー






【オススメブログ】



オフィシャルサイトはこちらからどうぞ 株式会社船井総合研究所


ブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへ

■過去の日記