環境ビジネス・エネルギー・電力・省エネならエコウェブ

船井総研が運営!日本最大級の環境ビジネス・エネルギービジネスマッチングサイト!
会員数7,400人、登録企業カテゴリ6,300社、登録製品カテゴリ5,000件、アクセス数年間50万件

新規会員登録
環境ビジネスエコウェブとは




当サイトは、蠢グ譱躪膰Φ羹環境ビジネスコンサルティンググループが運営しています。
掲載内容の無断転載はお断り致します。
著作権はeco-webnet.com.にあります。
当サイトは、基本的に全て無料でご利用いただけます
(※有料はバナー広告のみ)
当サイトの掲載情報に関しての審査等は、一切行っておりません
当サイトでご覧になった企業様へのご連絡・お取引は自由に行っていただけます。
個人情報の保護
「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表事項
船井総研の研究会・勉強会
2017.06.02開催
環境ビジネス経営研究会6月例会を開催いたしました!
2017年6月2日(金)に環境ビジネス経営研究会 6月例会を開催いたしました!

環境ビジネス経営研究会とは、
全国の勉強好きな環境・省エネ関連メーカー様が60社以上集まる「メーカー分科会」と、
同じく全国の勉強好きな設備工事・建設業の会社様が約40社集まる「省エネビジネス分科会」が、
会を通じて交流を深め、両者のビジネスチャンスのきっかけ作りとなる「ビジネス交流会」や、
両者が協力して行う「工場・施設様向けの省エネコンサルティング」実現を目的としたマーケティング勉強会を実施する、初めて参加した日からでも即実践、即ビジネスにつなげられる超実践的な「経営研究会」です。


※環境ビジネス研究会の詳しい内容はコチラからご確認ください。
https://www.eco-webnet.com/study/oya_detail.html?id=16


今回開催した「メーカー分科会」6月例の様子を少しだけご紹介いたします!
今回開催した「メーカー分科会」6月例会の内容はコチラとなります
━━━━━━━━【メーカー分科会講座】━━━━━━━━
【第一部】 『最新版!メーカー会員様による大手企業新規受注成功事例』
【第二部】 『メーカー会員様が大手企業から受注できた理由を探る』

━━━━━━━━【省エネビジネス分科会・メーカー分科会合同講座】━━━━━━━━
【第一部】 『「省エネ」と「品質・生産性向上」の最適化(バランス)への挑戦』
オムロン株式会社 綾部工場 製造部デバイス課 高見 真司 様

【第二部】 『新規参加企業増!ビジネス交流会!』
【第三部】 『まとめ講座』
<講師>株式会社船井総合研究所 執行役員 菊池 功

特に省エネビジネス分科会・メーカー分科会合同講座第二部で開催いたしました『ビジネス交流会』は、
「メーカー分科会」にご参加いただいている省エネメーカー様(+お試し参加企業様)と、
「省エネビジネス分科会」にご参加いただいている設備工事業・建設業とで、
環境ビジネス経営研究会史上、過去最多となる100社以上の企業様の交流会となりました。

講座の合間には、新規入会メーカー企業様に特別ミニ展示ブースを出展いただき、
新しい仲間となったメーカー企業様の製品・技術を実際に“ヒト・モノ”を通じて
多くの会員様へPRしていただき、ミニ展示会は休憩時間中にもかかわらず大変盛況となりました!


また、第一部のゲスト講座では、
オムロン株式会社 綾部工場 製造部デバイス課 高見 真司 氏にお越しいただき、
「省エネ」と「品質・生産性向上」の最適化(バランス)への挑戦!
生産現場が考える本質的な省エネの課題!生産ラインへメスを入れる本気の取り組みや、
生産ラインの省エネの見える化について製造業が取組む省エネの具体的な事例をご紹介いただきました。

第三部のまとめ講座では、
中小メーカーが絶対に考えるべき取組として、
急増する『ストック型ビジネス』を実施していくことの必要性について、
株式会社船井総合研究所 執行役員 菊池 功よりお話させていただきました。
現在のフロー型の営業ではなく、ストック型のビジネスモデルを構築していくことの
必要性について具体的な事例を基にご紹介させていただきました。

ぜひ、この記事をお読みいただいている皆様にも実践していただきたい内容です。

それでは、あっという間の4時間でありました今回の勉強会の様子を少しだけご紹介いたします!

★講座内容
【メーカー分科会講座】
■第一部 最新版!メーカー会員様による大手企業新規受注成功事例■
・東京の会員企業が熊本県の有名製薬メーカーから営業マンを使わずに受注した事例
・あの世界のトヨタ自動車に中小メーカーが受注できた事例
・東北電力とタイアップして宮城県のリネン工場から受注した事例
<講師>株式会社船井総合研究所 小池 桃太郎


環境ビジネス 環境ビジネス

【第二部】 『メーカー会員様が大手企業から受注できた理由を探る』

環境ビジネス 環境ビジネス

【ミニ展示ブース】
6月例会より会員となって頂いたメーカー企業様より、
ミニ展示会と称して展示ブースを出展していただきました。


環境ビジネス 環境ビジネス

【省エネビジネス分科会・メーカー分科会合同講座】
【第一部】 『「省エネ」と「品質・生産性向上」の最適化(バランス)への挑戦』
オムロン株式会社 綾部工場 製造部デバイス課 高見 真司 様

環境ビジネス 環境ビジネス
環境ビジネス 環境ビジネス

【第二部】 『新規参加企業増!ビジネス交流会!』

環境ビジネス 環境ビジネス

今回は8社の新規メーカー企業様が参加、活気のある盛り上がりを見せました!

環境ビジネス 環境ビジネス

≪新規入会メーカー会員様による特設ミニ展示ブースが大盛況!≫

環境ビジネス 環境ビジネス
環境ビジネス 環境ビジネス

≪恒例のビジネス交流会!自社製品のPRと設備工事・建設業の方々からの質問で大盛り上がり!≫

環境ビジネス 環境ビジネス
環境ビジネス 環境ビジネス

≪貴重な交流の場、みなさん多くの方々と名刺交換を通じ、師と仲間作りに励まれています!≫

環境ビジネス 環境ビジネス
環境ビジネス 環境ビジネス

【第三部】 『まとめ講座』
<講師>株式会社船井総合研究所 執行役員 菊池 功
環境ビジネス 環境ビジネス


ご参加者様の声
女性活用の話が非常に印象に残りました。

営業には、定期的なニュースレターの活用と
女性事務員の登用が効果的だと学びましたので、ぜひ実践したいと思います。

ニュースレターは印象に残りました。
環境ビジネス経営研究会に参加して、会員が継続して参加することにより、
会員という意識体が方向性を作っていく力になりうると感じました。
大手企業主導だけでなく、各地域に根差したネットワークの
塊だと実感しましたので、今後も参加させて頂きます。

女性事務員を活用する意思を今日固めました!
社内にいるおじさん営業を説得して、女性活用を推進します。

完全に昭和型の会社をどうやって平成型にもっていくかが課題です。
そのための女性活用、まず始めてみようと思います。
次回開催予定
2016年8月23日〜25日 経営戦略セミナー グランドプリンス新高輪
担当コンサルタント

■菊池 功

名古屋大学工学部原子核工学科を卒業後、船井総合研究所に入社。 環境ビジネス・エネルギービジネス・産廃ビジネスに専門特化した経営コンサルティングのパイオニア的存在。漠然とした啓発的・啓蒙的な活動ではなく、実務的・実践的なビジネスコンサルティングを行っている。日本最大級の環境ビジネス情報サイトeco-webnet.comの統括責任を勤め、全国に3000社超の環境企業ネットワークを構築している。最新の環境ビジネスモデル提案、事業提携・技術提携・企業間タイアップ指導、異業種からの環境ビジネス新規事業開発・開拓に関して、多くの実績を残しており、累計のクライアント企業数は500社を超える。 モットーは、行動第一・行動主義・現場主義・改革革新・スピード主義・即断即決・チャレンジ精神 WEBサイト:http://www.eco-webnet.com/ ブログ:http://www.eco-webnet.com/kikuchi/ 著書:「中小企業は環境ビジネスで儲けなさい!」「新規事業は環境ビジネスで仕掛けなさい!」 ※環境ビジネス企業同士のビジネス交流会・勉強会「環境ビジネス経営研究会 メーカー分科会」を隔月開催中
 
担当コンサルタント

■藤堂 大吉

建設業・設備工事業の省エネビジネス新規参入にあたっての営業サポートに特化する環境ビジネス専門のコンサルタント。 営業サポートの内容としては、新規顧客開拓における省エネセミナーの開催、既存顧客の深耕のためダイレクトメールを得意とする。また、現場での省エネ診断での実績も多数あり、省エネ技術選定、投資効果シミュレーション、省エネ技術の企画立案まで行う。 日々、建設業・設備工事業のサポートとして、日本全国の工場・施設・事務所・店舗へ提案している。
 
担当コンサルタント

■釜谷洋平

明治大学卒業後、船井総合研究所に入社。一貫して廃棄物業界のコンサルティングに従事し、特に資源をメインテーマにしている。収集運搬ドライバーチェック、処理場のリスクチェック、営業同行といった、現場からの現状把握を元に、業界動向を踏まえた企業のあるべき姿の提示と、その実行支援を得意としている。非鉄の分別・見極めを得意とし、廃棄物業の資源取組をフォローしている。数多くの現場に踏み込んで得た知識と経験を元に、“こうしたい”という思いを一つ一つ現実のものとしていく。
 
担当コンサルタント

■大村在龍

広島県呉市出身。横浜国立大学経済学部卒。 船井総合研究所に入社後、オートビジネス業界、弁護士・社労士業界のコンサルティングを経験し、現在は一般廃棄物業界に従事している。 WEB・チラシ・ドアコールなどの販促・集客提案や、現場同行によるマニュアル作成を行い、徹底して現場に入り込むことを信念とする。
 
担当コンサルタント

■小池 桃太郎

東京大学大学院 新領域創成科学研究科修了。大手総合電機メーカーで回路技術者を経験した後、商品企画として主に新規事業の立ち上げに携わる。船井総研入社後はメーカー支援に特化し、メーカー独自の“創る側”の視点に立ったコンサルティング業務を心がけている。製品一つ一つの原理と特長を理解した上での営業効率の向上、新規業界への参入支援に注力している。
 
セミナーインフォメーション
株式会社船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループ
受付担当:福田
TEL:03-6212-2934

【メールでのお問合わせはこちら・・・】
 mail
セミナーインフォメーション